非言語的コミュニケーション


d2dab1a47d4754f39b5395d46513e652_s

人間はコミュニケーションを行う時、言葉を使ってお互いの感情や意思を伝え合っていますが、「目は口ほどにものを言う」といった格言があります。

これは、言葉よりも「顔の表情 」、「視線 」、「身振り」などが、より重要な役割を担っているという意味です。私たちは日常的に、複数の非言語的手がかりを使って、メッセージを伝達し合っています。

これを非言語的コミュニケーション(nonverbal ommunication: NVC=ノンバーバル-コミュニケーション)と言います。
このコミュニケーションは、意識して用いていることもあれば、無意識的に用いていることもあります。例えば、

● 顔の表情
● 顔色
● 視線
● 身振り
● 手振り
● 姿勢
● 相手との物理的な距離の置き方

などによって、人間は非言語的コミュニケーションを行っています。
営業マンや、サービス業の管理者、理美容業の管理者研修などでは、これらに関する研修を実施することがありますが、その理由は、非言語コミュニケーションの中には、「相手の心の状態」を読み取れる要素が含まれているからです。

言葉でなく感情を読み取るスキルを上げてより良い店舗作りをはじめてみましょう。


You may also like...