「飲食店」「美容院」で活用している店舗運営システムデバイスは、まだまだパソコンが主役!


SYNKAは昨年の3月リリースから約1年で10,000アカウントを超えるユーザー様にご利用いただけるサービスとなりました。誠にありがとうございます。
そこで今後の更なるサービス向上を目指すためにも、SYNKAでは実際にご利用いただいているユーザー様の利用デバイス(PCやタブレット等の端末)等の環境を調査させていただき、その結果をもとに、店舗運営に必要とされる新しい機能の開発や改善を進めさせていただきたいと考えております。
「飲食店」「美容院」で活用している店舗運営システムデバイスは、まだまだパソコンが主役!
結果から報告させていただきますが、なんとユーザー様の約7割が、WindowsOSを中心としたPCデバイスで、SYNKAをご利用いただていることがわかりました。
タブレット端末の普及が注目されているものの、この調査結果から、サービス店舗で実質的に利用されている既存デバイスとしては、未だパソコン依存が強い傾向があり、慣れ親しんだパソコンの方が、ユーザー側としての活用ニーズが高いことが確認できました。
SYNKAメリットの一つとしては、活用を始めるにあたり、持ち合わせのパソコンでそのまま利用できることはご存知かと思います。
とはいえ、タブレット端末の普及はこれからも向上していくのは間違いなく、SYNKAではこの調査結果を踏まえて、今後もユーザー様目線での活用デバイスの選定と合わせ、店舗運営システムに伴うニーズに応えていくよう努めて参ります。

You may also like...